みちべぇの道

道だとか橋だとかが好きで、走ったり歩いたり道に迷ったり

車夫と蕪

娘と鎌倉に行ったときの話

 

鎌倉に行くと観光用の人力車を目にする。

観光客を乗せた人力車を、真っ黒に日焼けした車夫が力強く引く。

神社仏閣など案内をしながら街を走りまわる、大変な仕事だ。

 

娘と銭洗弁天に寄った帰り、弁天様の坂道を降りると一台の空の人力車が路肩に止まっていた。傍らで車夫の若者が何やら緑のものを持って食べている。

私たちの後ろを歩いていた女性が、この車夫の知り合いのようで、

「お疲れ様、何食べてるの?」と声をかけた。

車夫の若者は元気よく答えた

 

「蕪(かぶ)」

 

何? かぶ?

そう、若者は生の蕪の葉を持って、白い部分をバリバリかじっていたのだ。

見ると、人力車の背もたれの後ろが網目のポケットになっていて

そこに、蕪が10本ほどささっていた。

 

・・・まあ、蕪、美味しいよね。葉っぱも食べてね。

でも、なんで蕪なんだろう?

考えていて、私の妄想がむくむくと広がった

 

---- 以下妄想です ----

銭洗弁天周辺はこの若者の持ち場で、彼はいつもこの辺りを観光客を乗せて走っていた。

ある日、近くに住んでいる老人が畑に寄った帰り、休憩中の若者に声をかけた。

老「あんた、いつも頑張って走っているが、ちゃんと食べてるのかね」

若「はい!」

老「野菜も食べてるかい?」

若「いや、野菜はちょっと・・・」

老人は、たった今畑から収穫してきた蕪を一抱え差し出し

老「これ食べな、栄養あるし生でも食べられる。水分補給にもなる」

若「え?いいんですか?」

若者は老人の優しさに心打たれ、ありがたく蕪をいただいたのだった。

そして、蕪の一本はその日のおやつになった。

---- 妄想おわり ----

 

きっとこんな良い話があったに違いない(笑)

 

単にこの若者が蕪好きなだけかも知れないね。

私も好きだ、蕪。食べたくなってきた(笑)