みちべぇの道

道だとか橋だとかが好きで、走ったり歩いたり道に迷ったり

えびな健康マラソンでヘロヘロ

えびな健康マラソンを走ってきました。

「えびな」は、ひらがなだったのね、と今日気付いた。

-----

朝、5時前に起き、朝食

トースト、みそ汁、バナナ半分はいつも通り、今日はそれにお餅を2個焼いて醤油と海苔で食べた。

大会で走るのは6キロだからそんなに食べなくてよいのかもしれないが、会場まで9キロ走る予定だし、空腹に弱いので電池切れを起こさないためにしっかり食べた。

それが良くなかったのかもしれない。

 

海老名に向かって走っていると、なんだか胸やけがしてきた。

うーん食べ過ぎか、それとも軟弱メンタルが胃にきたか。気にせず行こう。

ところが、胃のムカムカはどんどん顕著になり、吐き気が、、、うっ(゜-゜)

途中、ファミリーマートに寄って液体胃薬を買って飲んだ。

少しはすっきりするか。

・・・あまりすっきりしない。

ああ、空はこんなに気持ちよく晴れているのに。

 

絵に描いたような秋晴れ

 

ゆっくり走って市役所に到着。えびーにゃはいるかな?えびーにゃを見れば元気になるかも。

『えびーにゃ』は海老名のご当地キャラ

エビを被った猫、体は苺。8年前の大会には会場にいたらしいが、今日もいるかな?

えびーにゃ~(=^・^=) えびーにゃ~💛

探したが

えびーにゃ、どこにもいない (´;ω;`)

 

富士山の麓の「鳴沢ロードレース」には『なるシカ』がいた。

 

子どもらに、体当たりされたりポカスカぶたれたり被害を受けていた。気の毒に。

 

徳島の「海部川風流マラソン」には『ふるるん』がいた。

 

大雨の中、透明なレインウェアを被っていた。レインウェアというより限りなくただのビニールシートではあったが。

 

そして、えびな健康マラソンには、

 

えびーにゃ! が

いなかった。今日はお休みなの?

えびーにゃは一見可愛いが、よく見ると目が4つある(よく見なくても4つだ)

黄金バットに出てくるナゾーのよう。ローンブロゾー。

この、ちょっと不気味可愛いなところが好きなのに

会いたかったよ、えびーにゃ

 

ま、オラの町のご当地キャラは、えびーにゃの比ではないくらい不気味だけどね

 

不気味というより意味がよくわからない。釣り手土器から生まれた『つりてくん』

誰が作ったの? なんでトラのパンツなの?

 

えっと、何の話だっけ?

そうそう、えびーにゃがいなかったから気分は良くならず、こりゃDNSってやつになるのかな。でも、ここまで来たのだからスタートだけはしよう。

あー、かっこ悪い。ブログに健康マラソン走りますなんて書かなきゃよかった。2度も下見しておいて、当日体調不良のため走れず、じゃホントだめ人間よね。

とガックリしていたら、、

えびーにゃの代わりに(代わりに?)まっくさんと、おいやんさんにお会いした。

 

まっくさんは、スタートの列の最後尾でMr.オクレのグラサンをかけていると情報を受け、最後尾へフラフラと歩いていくと、あ、あの人かな。それらしき人を見つけた。

後ろから観察。脚がスラリと長く、ふくらはぎの美しい男性。湘南ボーイ風サングラス。見っけ。

わー、見つけちゃった。どうしよう。

超人見知りの私は、ここまで来て声をかけるのをためらうのだった。

背後から忍び寄り(変質者)、そっと「まっくさんですか」と聞いてみた。やはりご本人だった。

お隣には、おいやんさんも。あ、この人知ってる。どなたかのブログで読みました。盛岡シティマラソンを走られた、速い方。

私、認識を改めようと思う。速いランナーは自尊心が高く、私のような亀ランナーなど鼻にもかけないんだろうな、と思っていたが、職場の西さんにしても、まっくさん、おいやんさんにしても、とても穏やかで気さくな方々だ。

お二人と少し話をしているうちに、吐き気が治まり気分が楽になってきた。うん、何とか走れるかも。(結局メンタルの問題だったのか)

 

9時5分、最後尾からスタート。

3キロ過ぎで折り返すコースだが、スタートしてまもなく、もう折り返してきたトップの選手とすれ違った。速っ。

途中で、まっくさんを見た気がしたが確証が持てず、違ったかな?しばらくして おいやんさんとすれ違い手を振る。おいやんさんは声をかけてくれたが、私は必死過ぎて声が出ず。

なんだか、おいやんさんは まっくさんを見守りながら走っているような気がした。余裕のある優しい人だ、と勝手に思った。(ホント、勝手な思い込みです)

 

あと1キロ、というところで、急に吐き気が込み上げてきた。

もちろん給水もないので、ノドがヒリつき、よけいに吐きそうになる。

ひー、苦しい~(゜レ゜)

なんとか足を動かし、ゴールし、おぇーと凄い顔をしたら、目の前にカメラがあった。

オールスポーツ、じゃなくてピクロlite? ランナーの写真サービスの人。

「今の顔、撮ってないよね」と襲いかかりたくなったが、それより水、水。

ペットボトルの水と完走証をもらった。

 

あら、こんなところに えびーにゃ♪

 

33分6秒でした。自分とは思えないタイム。集団の力ってすごいですね。

 

参加賞もいろいろいただいた。

参加費1,200円は安いかも。

 

なぜ東京五輪のタオルなのか。この季節に扇風機なのかは謎だが。

 

これらを持って走って帰るのはちょっと辛いし、体もヘロヘロなので、帰りは歩きになった。(ちょっと走ってみたけど途中であきらめた)

 

終わってみれば、楽しかった。苦しかったけれど、よい練習になったと思うし、今後の自信につながった。

まっくさん、おいやんさん、ありがとうございました (*^-^*)