みちべぇの道

道だとか橋だとかが好きで、走ったり歩いたり道に迷ったり

ことり

田植えが始まりました。

 

 

上も下も空になる季節。ウユニ塩湖みたいじゃない?(比べる対象がおかしい)

 

この頃のJOGは、毎回10キロから12キロくらいの距離で抑えていたが、今日はちょっと調子が良い気がするので14キロ走ることにした。

 

田んぼに水を送るため、目久尻川は一部せき止められて水量があがっていた。

 

 

水が多くて魚がとれないからなのか、カワセミの姿がなくなり、カワセミ撮りのカメラマンもいない。カワセミ、どこに行ったのだろう。

と思ったら、もっと上流には、カワセミカワセミ撮りもいました。お引越ししたのね。

 

7キロ地点近くの公園で、赤いブラシが咲いていた。

 

ホントに瓶を洗うブラシみたい。

 

ヤマボウシの木の上から、鳥のさえずりが聞こえる。

 

写真に鳥は写っていません(;^ω^)

 

「ピーチュピチュピ・・・」可愛い、よく通る声、誰だっけ。

メジロくん。

普段は「チ、チ」と一音で鳴くのだが、さえずる声はまったく違う。

小さい体でよく響く声を出す。

メジロは全身が楽器なのね。

 

小川洋子の「ことり」という小説を、数年前に読んだ。

その時、私はまだ野鳥に興味がなかったが、とても良い小説と感じたので、手元にとってある。

人間の言葉を話さないが小鳥のさえずりを理解する兄と、兄の言葉を唯一わかる弟が、支え合って生きていく話。この話の中にメジロが出てきたな、と思い家に帰って探してみた。メジロの歌う声がとても美しい文章で表現されていた。

 

「チィーチュルチィーチュルチチルチチルチィー、チュルチチルチチルチュルチィー」

メジロは水よりもガラスよりも、この世にある何よりも澄んだ声を持ち、奏でる歌は透き通った声で編まれたレースそのもので、目を凝らせば光の中に模様が浮かびあがって見えてきそうだった。すべての鳥を平等に扱うお兄さんでさえ、メジロの歌声だけは特別な敬意を払った。何をしていても手を止め、鳴き終わるまで一緒に聞き入った。

 

 

メジロもお兄さんも素敵だな。

確かに鳥の声は、人を敬虔にさせる何かがある気がする。

 

小川洋子の小説は、まったく理解できないものもあるが(たぶん私の知力が追い付かない)、びっくりするくらい傑作もあるので油断ならない。友人に借りた「猫を抱いて象と泳ぐ」は傑作だと思う。

 

「ことり」、もう一度読んでみよう。

 

 

娘に会ってグルグル

先月娘に会ってから一か月以上が過ぎた。体の具合はどうなんだろう、一度ラインを送ったが、

「変わらずかな」とそっけない返事が返ってきた。ま、そんなもの、か、な

息子に対しては、普通に、子供はそんなもの、と受け入れられるのに、、

 

今日は娘の仕事が休みの日なので、お誘いをかけてみた。

「借りた本読み終わったよ。調子がいいときに遊びに来てね。今日でもいいよ。」

以前の娘なら

「じゃあ、今度の休みの日に行く」とか「今日行こうかな」とか、予定を立てるのだが、今回は、「了解です」のみ。

しつこく押してみよう

「今日来る?高遠のお土産もあるよ」

娘「なら、用事が終わったら行くよ」

用事中だったのね。でも終わったら来られるのね (^^♪

が、続いて

娘「長居はできないけど」

先月と同じことを言ってきた。まだ、体調が悪いから?でも用事はできているのよね。

また、頭の中がグルグルしだすのを抑え、お昼ご飯は食べていってくれるだろうと、食事の支度を始めた。

数分後、スマホがブッと震える。

娘「お昼は準備しなくて大丈夫です。別の用事があってすぐ帰らなきゃだから」

あ、そう。

 

11時頃やってきた娘は、先月とあまり様子は変わっていなかったが、長い髪をバッサリ切っていた。「手入れができないから」と。

「お昼食べていく時間ないの?」と聞いてみたら、「うん、11時21分の電車に乗りたい」

何? 家から最寄り駅まで歩いて15分はかかる、今家を出ないと間に合わないよ。本とお土産を受け取りに来ただけなの?

せめてお茶だけでも、と電車を1本ずらしてもらうことにし(15分後)、少し話した。

私「今日はどこに行ってきたの?(聞いていいのだろうか)」

娘「藤沢のジュンク堂書店

私「すぐ帰らなきゃいけないんだ」

娘「うん」

私「忙しいのにわざわざ来てもらって申し訳なかったね。そういうことだったら、先月みたいにどこかで会えばよかったね。」

 

忙しいのなら、そう言ってくれれば今日でなくてもよかったのに。本当は長い時間私といっしょにいたくないのかしら、どうして? いろいろグルグル考える。


娘の考えていることがいまひとつ理解できない。昔、彼女が中学生で不登校でまだ障害がわからなかったときは、娘の気持ちを知りたくて、よく彼女を問い詰めた。

「どうして学校が嫌なの、何を考えているの、どういうことなの」

娘を心配すればこそ、、

いいえ、私は自分のストレスを娘にぶつけていた。

最低。

自分の気持ちを言葉にして伝えることが苦手な娘は、更なる殻の中に閉じこもってしまった。

娘は私を許してくれているだろうか。

 

誰だって誰かの考えていることは解らないものだ。

今は、事実を事実としてだけ見よう。

体調不良といいながらも頑張って仕事を続けている事実

呼べば私のところに来てくれる事実

許すも許さないも、私のやったことが帳消しになることはない。

私にできることは、娘にもう二度と負担を与えないこと。自分のイライラで人にあたる事は、もう死んでもしない。

 

娘を駅に送っていく途中で聞いてみた。

「私に何かできることはある?」

娘「うん、別にないよ」

私「おかあさんに心配かけたくないとか思わなくていいからね」

娘、しばらく黙った後「うん、ヤバイと思ったらSOS出す」

 

何だか、自分でも鬱陶しい母親だと思う。

娘に気を遣わせてしまっている。

でも、少しの時間だが、娘の顔を見れてよかった。

もう、グルグル考えすぎはやめよう。

 

 

 

卵を背負って走る

カラリと晴れました。絵に描いたような五月晴れ🌞

さぁ走ろうと外に出たら、庭のオダマキが咲いていた。

 

蕾がたくさん、これからどんどん咲くね。

 

花梨の実も、すくすく育っている。

 

 

秋にはまたおいしい花梨ジャムが作れるかな。

花より団子、ならぬ、花も団子も好きなんじゃよ、、強欲婆(;^ω^)

 

 

いつもの川沿いの道、陽光が眩しいが空気が乾燥しているのでそれほど暑く感じない。吹く風が心地良い。

すっかり夏羽に変わったセキレイが、羽を光らせて舞い上がる。

川の上でツバメが、飛びながら虫をフライングキャッチした。お見事、パチパチ

 

ツバメって、ランナーだよな、と思う。

スズメやセキレイは地面にいることが多く、「飛ぶの疲れるからあんまり飛びたくないんだよね」という感じで仕方なく飛んでいる感じがあるが、ツバメは飛ぶのが当たり前で、楽に飛翔している風に見える。

リチャード・バックの「カモメのジョナサン」は、食べることだけに奔走する仲間を軽蔑し、「飛ぶこと」を極めようと日々スピードトレーニングするジョナサン・リビングストンの話。ツバメはそこまでストイックではないが、飛ぶのが好きな長距離走者の感がある。走者じゃなくて飛者か。

 

テッテコ走っていたら、頭上から声が降ってきた。

「おねえさん、頑張れ!」

ねぇ、聞きました? おねえさんですってよ、おほほほほ (*^▽^*)

私のことよね、と見上げると、道の上にある公園のベンチに座っているおじいさんが、こちらを見下ろしてニコニコしている。

私もニッコリ笑って手を振ると、「ハハハ」と更に笑顔に。

バフしてたから、笑顔伝わったかな?

あ、バフしてたから顔が良く見えなくて「おねえさん」なのか。

まあいいや、嬉しい、ありがとう\(^o^)/

JOGでも応援は力になるから不思議~、と喜び、おねえさんは背筋を伸ばして足取り軽く走ったのだった。

 

今日は、私の口内炎の特効薬であるチョコラBBを買おうと、川を離れて街のドラッグストアに寄った。

無事チョコラBBをゲットし、店を出て少し走ると

 

生みたてたまご 10個100円 という看板が。

・・・買ってしまった。

ランニング中に卵を買う、こういう人を無分別というのでしょう(≧◇≦)

どうしよう、リュックに入れて走ったら高い確率で割れるよね。

家まで5キロあまり、歩くのもダルいし。

そうだ、卵をばらして
リュックの前ポケットの左右に1個ずつ、
後ろのポケットに1個、
中の内ポケットに1個、
中(ポケットの外)にパックに入れた卵を1個、
パンツの両ポケットに1個ずつ、
シャツのポケットに1個、
そして、両手に1個ずつ持って走る、っていうのはどうかな。

・・・明らかに怪しい人だ。

それに、転んだら悲惨なことになる(卵を買った時点で、転んだら惨劇)

考えた末、卵のパックをビニール袋に入れて口をしっかり結び、リュックに突っ込み、そっと振動を与えないように走ることにした。細身のリュックだから、中身はそれほど揺れないだろう。

カサカサ忍者走りで帰る。←充分怪しい人

 

でも、気が付いたことがある。

不整地を走っているときは、忍者走りも普段の走りとあまり変わらない感覚だ。

石や草につまずかないように、無意識でふんわり接地しているのかな。

アスファルト道路では、意識的にピョンピョンを抑える必要があった。

そっとそっと走っていると、どこまでも走れるような気がする(単に遅いから?)。正しい走り方ではないけど楽に走れるのだな。

 

卵は無傷で家に到着(^_^)v

 

 

ますます初夏の目久尻川

10日ぶりに目久尻川沿いを走った。

季節が一気に進んだ感じがした。

 

草むらから、スズメのチビっ子がチュンチュン出てくる。

私は鳥の幼鳥と成鳥の違いがよくわからないが、フワフワの産毛感が残っていて、警戒心のまるでないこの子たちはたぶん幼鳥。私の足元に平気で降りてくるので、オットットとなる。可愛いけど、犬や猫にパクリとやられるんじゃないかと心配になる。しっかり生きるのだぞ、チビスズメ。

 

川岸は黄色い花がたくさん咲いていた。

 

コスモスに似ているが、キンケイギクというらしい。

この花が咲くと、初夏だなぁと思う。

 

公園の木も白い花をつけている

 

エゴノキ 下を向いて咲いている

 

走っていたら、ふんわり甘い香りがした。みかんの花のような良い匂い。

 

スイカズラ 花の奥に甘い蜜があるそうな。

 

曇りの今日は、散歩しているお年寄りがチラホラ、鳥を撮っているお年寄りがチラホラ、静かな穏やかな川辺の道を走りながら、以前、目久尻川沿いで会った知り合いの言葉を思い出す。

目久尻川を散歩しているのは、人生に疲れたお年寄りが多いから(失礼だよね)、歩いていて暗い気持ちになる。それに比べて相模川の道は、人生を楽しんでいる人が多い、だからときどき相模川の方に行ってリフレッシュするんだよ」

へぇ~、そんな風に考えたことなかったよ。

確かに相模川の河川敷には野球場があったり、サッカーグランドがあったりするので、スポーツをやっている子供や大人がよく通る。湘南ベルマーレのサッカーグランドの横で選手に会った時は、サッカーを知らない私でも「わ、オーラがある、カッコイイ」と思った。

湘南海岸まで行くと、もっと華やかになり、ガチのランナーも走っているので見ていて楽しい。

でも、私はやっぱり目久尻川が好きだな。なぜかって

①未舗装の道を走れる(足に優しい)

②人が少ない

③鳥が見られる

④家から近い

⑤自然の植物が多い(草ボーボーともいう)

これから暑くなって早朝に走るようになると、細い道の右側の草と左側の草を繋いで巣をかける蜘蛛の糸に突っ込んで、うべー(≧◇≦)となることがあるけれど、蛇もときどき出るけれど、それもまた季節を感じる風物詩(あまり歓迎しないが)。

 

やっぱり、鳥が出てきてくれるのは嬉しいよな、と思いながら走っていたら

「ヒッヒッヒッヒ・・・」と聞こえてきた。セッカだ。

 

羽の白がうまく描けない(>_<) ホルベインの色鉛筆を使ってみたい。

ヒッヒッヒッヒと鳴きながら上昇し、ジャッジャッジャと言いながら下降する。草を跨いでとまる姿が好き(*^-^*)

セッカ。この前の「ダーウィンが来た」で、草の葉を糸(虫の巣)で繋いで巣をつくる「お裁縫鳥」と紹介されていた。クチバシを使って上手に縫う姿にびっくりした。

とても器用。セッカすごいぜ (#^.^#)

 

それにしても、季節が変わるの早いな

田おこしが始まり、耕運機の後ろをムクドリがついていく。耕運機がかき混ぜた土の中から出てくる虫を食べるのだろう。彼らも賢い。

目久尻川の堰から田んぼに水が送られ、田植えが始まる日も近い(たぶん)。

 

 

そろそろ楽しても良いお年頃

新聞に投稿したら、掲載したいと電話が掛かってきた。

「ただ、文字数が多いので少し削らせていただきました。編集後の文をメールで送りますので、直しや間違いがありましたら教えてください。」と。

 

「投稿記事は500字くらい」とあったが、私は自分で削りに削って600字より減らせなかった。明らかに字数オーバー、編集者の手を煩わせてしまった。だってこれ以上短くしたら意図が通じない(T_T)。

 

編集された文章を読んで、

あらまぁ、あらまぁ、あらあらまぁ

これは、あらすじか? ってくらい短くなっていた(;^ω^)

12字×32行で納めたいとのことで…384字に、500字でもないじゃん。40%削除。

この内容で伝わるのかしら?

コンパクトにまとめてくれているが、読めば読むほど、あちらもこちらも直したくなる。でも、12字×32行には入らないよ、うーん( ;∀;) 唸りながら少し手直しをして送った。

 

決められた文字数内で気持ちを伝えるって難しいですね。

 

-----

 

投稿はカットされ過ぎて意味不明(^-^; なこともあり、その時の気持ちと言いたかったことをダラダラと書いておきます。

 

 

数日前の新聞投稿欄に、私と同年の女性が「職場での人間関係に悩んでいる。人の言葉に傷つき、自分も相手を傷つけてしまっている。還暦を前に私は何をやっているんだろう」という内容の投稿を寄せていた。

そうか、大変だね。私は、人間関係というより人間が苦手で悩んでいるよ、と自分のことを書いて「お返事」してみようと思い立った。

 

昨年からブログを書いていて何となく気付いたことがある。

私のように劣等感の強い人間は、自分のできないことに焦点を当てすぎている。そして、そのできないことがあるから、自分はダメな人間だと思い込んでいる。

人とうまく話せない、それさえなければ私はもっと伸び伸びと楽しく生きられたはず。全てのことがもっとうまくいっていたはず、みたいな。

でもね、肝心なのはそこじゃない。

できない=自分は価値がない、と悩むよりもっと大切なことがある気がする。

 

ドストエフスキー研究者の亀山氏が、「志があるから人は傷つく」と言ってた。

投稿者の方は、人との関係をうまく築きたいがために悩んでいるのだろう。その志は大切と思うが、もうそこから目を離して楽になっても、きっと許される。だって何十年も悩んで、克服しようと努力してきたのだもの。できない自分は置いといて、できることを頑張ってみるのが楽しいと思う。

 

志。私の志って何だろう、考えると、よくわからないが、困っている人の力になれたら嬉しいかも。苦手といっても、やはり人と共に生きたいのだと最近薄々気づきつつある。共に生きたいから、うまくできないと挫けるは投稿者の方と一緒ね(^_^)。

では、自分に何ができるか、対人は苦手だけど文章を書くことは嫌いじゃない。ならば誰かのために書いてみよう、へなちょこな私だからこそ元気付けられるかもしれないし、と勇気を出して投稿したのでした。

 

 

できることをやればいい、簡単なところから。

毎日ご飯を作り、家事を(テキトーに)やり、機嫌良くいれば夫のためになる。

そんなことだけど大切なことだよね。そうやって少しずつ こつこつと日々を積み重ねていけば、いつか、自分も頑張って生きたきたよね、と思える日が来る、に違いない。

 

 

雨の日の植物園

雨の中、鎌倉市、大船フラワーセンターに行ってきました。

 

-----

 

雨靴を履いてレインウエアを着て、大きな傘をさして。

レインウエアのポケットはファスナーと雨避けのフタ(?)がついていてとても機能的ね。右のポケットにスマホを、左に小型双眼鏡を入れて出発。

 

 

蕭々と降る雨、フラワーセンターはひと気がなく静かだった。

 

雨の恵み、木が喜んでる。

 

芝生の上でムクドリがクチバシで地面をつつき

イソヒヨドリは、電柱の上でじっと雨を浴びている

 

バラ園も人影はなし

 

透明な水滴を受けて、花弁も心持ち透き通って見える

 

賢いバラは、ちゃんと枯れるんだって

 

花の名前、左がオスカル・フランソワ、右がアンドレ・グランディエ

おお、ベルサイユのばら

君は心の白薔薇か ♪

オスカルの横にアンドレが寄り添うように植えられているところが泣かせる。でも、なんでアンドレは黄色なの?

 

こんな感じでもいいのでは?「おまえは光、おれは影」的な。

 

オスカルの白バラよりも、更に白い純白のバラ見つけた。

これはとても不思議な茶色の花なのですが、写真だと普通の赤いバラですね。「ブラック・ティー」という名前らしい。

 

バラ園を歩き回っていたら、クラクラしてきた。バラの香りにやられた。

バラの命(エナジー)を摂って生きる『ポーの一族』にはなれないね(マンガの読みすぎ)

しょうがないさ、人間だもの。

休憩してお昼を食べよう。

 

ハムとチーズだけのシンプルなサンドイッチは、なんだか懐かしい味がした。

雨と木々を見ながら、フィトンチッドやらマイナスイオンやらを体中に浴びて食べるお昼ご飯は格別でした。

 

 

雨はザーザー降りに

水たまりの中をチャプチャプ歩けるのが、雨靴の醍醐味である。

チャプチャプ、ザブザブ、バシャバシャ、遊び歩く(子供)

 

プラタナス、和名は すずかけの木。幹を雨水が流れ落ちて地面に沁み込む。

 

すずかけの木、の方がしっくりくるな。だって

 

鈴が掛かっているんだもの。

鈴の音は雨の音に紛れて聞こえないが。

 

 

水連の花は、神秘的です

 

こちらはハスの葉

驚くべき撥水力!

葉は水をはじき、水は光を抱き込み、煌めく、きらめく。

 

 

雲は厚く、暗い空の一日でしたが、水の粒たちの中の小さな光をたくさん見ることができたのでした。

 

 

ゴールデンウィークは丹沢へ

私はゴールデンウィーク関係ないんですけどね(;^ω^)

近場を歩いてきました。

 

-----

 

5月4日(水) 東丹沢、塔ノ岳登山

だいぶ体力が落ちている気がするけど、大倉からバカ尾根なら登れるかな、と。

ネットを見ると「バカ尾根っていうな、大倉尾根って言え」と、お怒りの声があるが、我が家では昔から親しみを込めて「バカ尾根」と呼んでいる。

麓の大倉(290m)から塔ノ岳山頂(1491m)まで、標高差1200m、整備された道をバカバカ登れる登山道だが、私と夫は例によってのんびり歩いた。

ツツドリが低い声でポポ、ポポと鳴いている。

一組の若いカップルがやってきた。彼氏が彼女の荷物を持ち、細身の彼女は手ぶらで歩いている。「私たちにもあんな時代があったね。今じゃ荷物を持ってもらうことなんてないね」と夫に言うと「そりゃそうだよ」と夫。

そりゃそう、なのか?

ま、自分のことは自分でやるのは基本だがね。

思い出した。一昨年、八ヶ岳 編笠山の頂上付近で私がコケて岩場に手首を強打したとき、荷物を持ってくれたっけ。いざという時は助けてくれるのよね。ふふふ\(^o^)/。

しかし、逆に夫に何かアクシデントがあったとしたら、私は助けられるんだろうか?腕力はびっくりするほどないし、体力もこのところ怪しいし。ちょっと夫が気の毒になった。

でも、まてよ、いつだったか夫が一人で塔ノ岳に登ったとき、山頂から下る一歩目の階段で右足首をグネッって、普通に歩くと痛いからカニみたいに横向きで降りてきた、と言ってたことがあったな。

夫が、苦境にあっても人に頼らず自分で何とかする力を身に着けたのは、私のおかげ(頼りにならんから)よしよし♪♪

 

お昼前に頂上到着。

 

やっぱり富士山を撮っちゃうね。宝永火口がゲップしてる

 

今回、トレッキングポールを持って行った。邪魔になるかなとも思ったが、思いのほか登りは楽に、バランスの悪い私でも下りは怖くなく、便利なモノだった。

もはや杖なしで山は登れない (;^ω^)

 

登れて良かった~。気持ち良かった。

山は、短い時間(今回は登り3時間半くらい)で別世界に行けるからいいですね。

 

-----

 

5月6日(金) 西丹沢の渓流散歩

丹沢湖の上流に行きました。

 

畔が丸に登る登山口あたり

 

新緑も川も石も清々しい

 

綺麗な水はいつまで見ていても飽きない

 

オオルリの歌う声が聞こえる。

 

透明な水面を流れる緑のもみじ葉が、宙に浮かんでいるようだな、とボンヤリ眺めていると、川の対岸に何やら動くものが。。。

 

ミソサザイ!(縮緬っぽい羽の表現が難しい)

 

おミソ💛ちっちゃくて地味な鳥だが、茶色の天然パーマっぽい羽とピンと立てた尾っぽがステキ(#^.^#)

木の根っこの隙間に入ったりまた出てきたり、ちょこちょことせわしない。繁殖中だったらあまり刺激しないほうがいいかなと思い、しつこくない程度に観察してその場を離れた。

 

少し歩くと、河原に大きなミソサザイ!? 双眼鏡で確認しようとしたが川上に飛んでいって見えなくなった。

カワガラスかな? ちゃんと見たかった。

 

この日は新たな林道を見つけた。山の上の方から川に注ぐ細く長い滝が見られる道。蒼い川を見ながら歩けるところがいい。「熊注意」「まむし注意」の看板に怯えたけれど、また行こう。

おミソも待っててね。