みちべぇの道

道だとか橋だとかが好きで、走ったり歩いたり道に迷ったり

ただただ歩いた記録②

(つづきです)

 

第2CP~第3CP(保土ヶ谷区 横浜市児童遊園地) 20:39到着

35km~56km 

藤沢市から横浜市に入り、街は夕方から夜に変わっていく。

 

前を歩く人たちのリュックにつけられたLEDバッジが、蛍のようにチカチカ揺れながら光っている

 

受付でもらった光るバッジ

 

第3チェックポイントに到着。温かい味噌汁をいただいた。

五臓六腑に染み入る美味さよ。

 

紙コップひとつひとつに書かれた手書きのメッセージ

「あと44km Fight♡」

ありがとう、頑張ります

 

さっ、これからだ

 

 

第3CP~第4CP(神奈川区 ポートサイド公園) 0:15 到着

56km~70km

前回は、第4チェックポイントにたどり着けずリタイヤしたのだった。

今回はどう?

幸い、体は真っ直ぐを保っている

足はかなり痛いが、まだ歩ける。

 

周りを歩いている参加者の中には、前回の私のように体が横に傾いている人もいて

その姿を見ると、身につまされる、つまされる。苦しいだろうな

でも、アレは突然来るんだよね。気が付くと体が曲がっていて視界がおかしくなって気分も悪くなって歩けなくなる。他人事じゃない

 

Kumi先生(友人・ヨガの先生)に「ときどき体側を伸すのよ」と言われていたので

信号待ちの度に、体側ストレッチをする。

体側は何とか無事を保っているが、だんだんと腰とか肩とかが痛くなってきた

足は、当然痛い。

上がらない足を持ち上げて歩道橋の階段を上ると

みなとみらいの夜景がひらけた

 

深夜なのに明るい街

星は見えないけど、

頭上にはお月さん

 

 

こんな時間に100kmを歩いている酔狂な私たち参加者を、どうか見守ってください。と、月に願いを

 

そういえば、まっくさんは「星降る街角」を歌ってくれているのかな、と思う。

それにしても、「星降る街角」って、懐かし過ぎですよ まっくさん

昭和のムード歌謡 (;^ω^)

 

そうこうしているうちに、第4チェックポイント到着。

 

ここでも、温かいスープが嬉しい。柿の種も嬉しい(*^-^*)

 

仮眠をとっているのか、リタイヤしたのか公園で寝ている人をちらほら目にする。

 

これから先、自分の体はどうなるのか、不安だけど興味もある

あと30km

歩けるだろうか

 

 

第4CP~第5CP(品川区 鈴ヶ森道路児童公園) 5:10頃 到着

70km~88km

この区間が一番苦しかった。

足は限界を超えて痛い、体もあちこち痛い、なぜか手がつる、目も痛くて開けていられない(昼間の日差しのせい?)、吐き気は頻繁に襲ってくる。

しかし、体は曲がっていない。それが一番重要。

歩けるから歩く

 

と、強い気持ちを保とうとしているが、この道は信号が多くて

立ち止まるたびに股関節と腰がギシギシ痛み、立っているのがつらい。膝に手をあててゼーゼーと肩で息をする。信号待ちのたびに体力が削られていくが、それでもただただ歩く。ときどき横断歩道が波打つように押し寄せてくる幻覚(?)を見たりしながら。

ペースはかなり遅くなってるけどしょうがない

とにかく前へ

 

そんな中、横浜のチェックポイントでもらった柿の種が有難かったなぁ。

歩きながら少しずつポリポリと食べていると、少し正気になれるし、吐き気も治まってくる気がした。梅風味柿の種は命の恩人です(;^ω^)

 

鶴見川に掛かる鶴見橋を渡り

多摩川に掛かる六郷橋を渡り

 

 

東京に入った

 

空が明るくなりはじめ、都会の朝を迎える。

 

東京の日の出すごいキレイだなあ

 

という歌が浮かんだ。スピッツの「けもの道」かな(スピッツ好き)

実際この日の 朝陽は、雲に隠れてよくわからなかったが

歌詞の続きを、脳内で歌ってみた

 

細胞全部に与えられた

鬼の力を集めよう

 

都会のけもの道を必死で歩いているケモノ(私ね)

鬼の力が欲しい

 

第5チェックポイントに到着

予定よりだいぶ時間がかかってしまった。24時間切りは無理かな。

満身創痍だし、完歩できるかどうかも、まだわからない。

でも、もしかしたらもしかして、岡山で達成できなかった(20分オーバーした)24時間以内のゴールができるかも。

落ち着いて計算すると、あと12km、時間は3時間くらい残っている。時速4kmだとギリギリセーフかアウトか。

無理して歩いて途中で倒れたら、これまでの苦労は水の泡。

ゆっくり歩いて制限時間内完歩を目指すべきか

どうしよう

とりあえず歩きながら様子をみよう

 

 

休憩を5分くらいで切り上げて、出発。

 

ケモノよ、行け!

 

 

第5CP~ゴール(新宿区 明治神宮外苑室内球技場) 7:55頃 到着

88km~100km

第5チェックポイントを出て、時速5キロちょっとで歩きは始められたのが、今となっては奇跡のように思える。鬼の力か?

ゴールが近いからか、スタッフの人がコース上に立っていて、びたび声をかけてくれたのも励みになった。

 

東京タワーだぁ(おのぼりさん)

 

しかし、東京タワーを過ぎて、ゴールまであと5kmというあたりから、パワーが尽きてきた。周りの人たちはどんどん先に行ってしまう。

大丈夫、まだ時間はある。

リュックから、第5チェックポイントでもらったビスコ桃味を出して食べると、ちょっと復活した。やっぱり食べるって大事なのね。

 

ヨタヨタと歩いていると、後ろからスタッフらしき人がやってきて

笑顔で「もうすぐ終わりですね、楽しんで歩きましょう」と声をかけて去っていった。

え? ああ、もう終わるんだ。

嬉しいけれど、急に寂しくもなった。

「つらい」が多かったけど、気付いたこともあるし、楽しい旅だったよね。

 

でも、まだ終わっていない。気を抜かず歩こう

 

明治神宮のポプラ並木を通り

 

 

神宮球場の前を通って

 

ゴール!

 

23時間41分

目標達成。よかったよかった(*^^)v

 

フィニッシャーTシャツをいただきました

 

YOU DID IT!

 

うん、できたよ

 

 

-----

 

今回の100kmで、最後まで体が傾かなかったことが、とても嬉しい。

体幹レーニングの効果か、友人の「体側を伸ばしなさい」の助言のおかげか

両方かな。

負荷は軽くても毎日 体幹レーニングを続けるのは大事ということと

長距離を歩く練習をしたから、100kmを歩けたのだということを

自分を実験台にして解って面白かった

人間の体って、還暦過ぎても変われるものなんですね。

 

今回の体験が、今後も何かの役に立つ気がします

 

そして、

「一人で歩く」と言いながら

結局、いろんな人に助けてもらった100kmでした

ブログの方々にも、夫にも、友人、スタッフの人たちにも

本当に感謝してます

 

 

長々しい記録にお付き合いくださり、ありがとうございました。

 

 

ただただ歩いた記録①

前もって会社にお休みをいただいていたので、今日は家でゆっくりしてます。

廃人から普通の人間にもどらなきゃ (;^ω^)

 

5月18日(土)~19日(日)の東京エクストリームウォーク100で

約24時間歩いた記録を残しておこうかと思います。

 

その前に

前回はノープランで失敗したので、今回は事前に予定表を作りました

 

 

・CP(チェックポイント)間の距離が長いところでは、自主的に休憩を入れる。

・信号待ちやトイレなども含めて、時速4.5キロで歩く(実質歩行は時速5キロ)

・横浜のポートサイド公園からは時速4キロに落としてみた(疲れているだろうから)

これで、理屈では24時間以内でゴールできる。

一応目標は制限時間(26時間)以内の完歩なので、このペースで十分なはず。

体が動けばね。

 

-----

 

前日からスタートまで

スタート前日、案の定というか恐れていた通りというか、調子が良くない。

歳をとるほどに絶好調ではいられなくなるのは当たり前なのだが、

メンタル脆弱なことも体調に影響してるんだろうな。

朝から胃が痛くて倦怠感あり

この数週間は、体調維持に気をつかっていたのにぃぃ(;一_一)

 

そんなウジウジの最中に、ブログにいただいたコメント

それは、アドバイスと励まし(笑わせてくれた?)の言葉で

読んだとき、「心配してくれているんだ、ありがたいな」と思い、かつ反省した。

 

もう、ネガティブなことは考えないようにしよう。

練習も準備も体調管理も、できるだけのことはしたのだから

不安要素なんてないはず。

期待と感謝だけをもって、早く寝るべし。

気合を入れて眠った

(余談ですが、うちの祖母は「寝るときは寝る!」と気合を入れて眠る人でした。これって心を決めて無駄に考えすぎない、という意味だったのね)

 

翌朝

晴天の空のようにスッキリ、というわけにはいかないけれど、まあまあ眠れた。

調子は昨日とあまり変わらないが、歩いて汗をかけばよくなるかも、と精一杯のポジティブ思考で、

いざ、小田原城へ!

 

良い天気

暑くなりそうだけど、防寒用のウェアを持たなくていいのでラッキーと考える。

荷物は1gでも軽いほうがいい

 

この門をくぐる者は全ての希望を捨てよ(それ、前回も言ったよ)

スタートは、予定より少し早く 8時15分

いってきま~す

 

 

スタート~第1CP(平塚市 しおかぜ広場) 13:00到着

0km~24km

実際、歩き始めたら気分が良くなってきた。

夫とナイトウォークした道

明るい時間に歩くと短く感じ

すぐに、しおかぜ広場に着いた感じがした

 

 

ところが、広場に到着して芝生に腰を下ろしたとたん

クラリと眩暈がして吐き気がした (@_@。げげっ

熱中症?脱水? 

焦った。こんな状態では、今回は50kmも歩けないかも。

水分を多めにとり、支給されたカレーパンを食べたら少し落ち着いたので出発。

 

 

第1CP~第2CP(藤沢市 水の広場)15:45到着

24km~35km 

湘南海岸の砂まみれのランニングロードを、波の音を聞きながらぼんやり歩いた

眩暈はないけど、だるいような眠いような。でも歩ける。

ごっしーさんのアドバイスを思い出してみた

 

気分や痛みには波がありますので、いっときの感情に流されず、しっかりとご自分を保つことができるよう応援しています。

 

確かに波があるんだよなぁ。んで、この波の感じって覚えがある。

そうだ、更年期障害

50歳から悩まされた更年期障害は、ホットフラッシュの一時的のぼせが、一日のうち何回も前触れなしにやってくるのだった。発作(?)中は、胃のむかつきと動悸と大汗の嵐に襲われるが、数分の後には何事もなかったかのように元に戻る。

そんな状態が10年近く続いて、60歳前には治まってきたのだけれど、、似ている。

 

ホットフラッシュこそないが、最近 感じる吐き気と倦怠感(ときどき眩暈)は、波がある。

疲れていたり、ストレスがあったりすると、その症状が顕著に表れる気がする。

更年期障害をひきずっていた、とうか老化現象だね。しゃーないね、自然の摂理だ。

そして、これって普通のことなのかな、人の調子には波があるものなのか。

じゃあ、その波をちょっと我慢してスルーしていけば大丈夫なんじゃない?

動揺しなくてよし!

 

これは大発見で(発見じゃなくて教えてもらったんでしょ)

私は大丈夫、という気持ちになれた。

もー、まったく理解が遅すぎ。自分で痛い目に合わないと分からないというおバカさん。

ごっしーさんに感謝しよう。

 

この後も、ときどき不調の波が来たが、落ち着いて よいペースを保って歩けた。

よしよし (^^♪

 

水の広場に到着し、腰を下ろそうとしたら、両足の股関節がピピッとつった。

うぉぉぉ、( ゚Д゚) 痛たたた。腸腰筋がかなりキテるな。

ストレッチして自分でグイグイマッサージして、ちょっとだけ休んで出発。

 

海の家ができていないのが不思議なくらい、夏の風情の湘南海岸

 

一難去ってまた一難。ひとつずつクリアしていくだね。

それもまた100キロウォークの醍醐味かも

 

(つづきます)

 

 

100km完歩しました

廃人は、こうして作られる(笑)

 

東京エクストリーム100、完歩しました。

えへへ( ̄▽ ̄)

 

 

やっと

3度目の正直

5年越し

 

宿題終わった〜

 

ただ歩いただけなんですけどね

嬉しくて

人生初の速報など、あげてみようと試みているわけです。

 

応援してくださった方々

ありがとうございました😭

 

おやすみなさい😴

 

 

ちぃヨシキリ

今朝は4時半に起きて、夫と川べりを散歩しました。

昨日吹き荒れていた風も治まり、今朝は無風

静かな川沿いを、セッカが「チャッチャッチャッ」と鳴きながら飛んでいる

うららか~ ♪

 

土手に咲くオオキンケイギクが水面にうつり

黄色い花の中をカモが泳ぐ

 

 

「特定外来種オオキンケイギクのこと)も毎年きれいに咲けば、もう風物詩よね」

と、夫に言うと

「地球の歴史から言うと、固有種も外来種も大して違わないね」って

大きくでたな

でも、ほんとに、花は置かれた場所で咲いているだけで

そんな花々を迷惑に思いたくはない、です。

 

 

川沿いの葦の原っぱに近づくと

「ギョシギョシ・・・ギョギョシピピピ」

きわめて複雑な鳴き声が聞こえてきた。

おお、今年も来たね、オオヨシキリ

 

葦の先端で さえずる姿が肉眼でも見えるが

双眼鏡でもっとよく見てみると

ん? なんだか頭でっかちで痩せている。

去年同じ場所で見た個体より、一回り小さい気もする

 

写真ACで似ている子を探しました。実際はもう少し細かった

 

ヒナ?なわけないか

さえずっているってことは、繁殖中、または準備中だから成鳥よね

 

小さいカラダを精一杯伸ばして、空に向かって歌っている

ちぃヨシキリ

ビンビン響く声ではないけれど

繊細で優しい感じ

個体差はそれぞれだね

 

-----

 

明日は、100キロウォーク本番

小田原城から東京明治神宮まで歩きます

この一週間、風邪をひかないように、お腹をこわさないように、脚を傷めないように、口内炎を作らないように、etc そ~っと暮らしてきました。

なので、体調は万全!かというとそうでもなく (;一_一)胃の調子が悪いのは気のせいか。

足も微妙に違和感があったりするのですが、まぁ大丈夫でしょう。(「大丈夫」の根拠はないけど)

 

心配に思っていることはきっと起こらず、起きてもなんとか対処できるはず

と、自分に言い聞かせる (;^ω^)

 

小さいオオヨシキリは、ほぼ一日中さえずっているのだから(しかも連日)

私も頑張って歩くよ

 

 

 

やわらかい心で

庭のオダマキが、ロケットみたいな蕾を付けて

 

 

咲きました

 

 

季節の移ろいは、思っているよりもうんと早く

もう初夏なんですかね

迫る~ ショッカー♪(初夏)(古過ぎ)

・・・すみません、脳が誤動作中

 

えっと、東京エクストリーム100が来週に迫り

若干、いや、かなり動揺 (;一_一)

100キロ歩けるかな

自分としては、長い距離を歩く練習を何度かして

準備は一応整ったのだけれど、

完歩する自信があるかというと、

うーん、、、はぁ~(ため息)

足は、何とか大丈夫かなと思うのですが

また前回みたいに、体が傾いて歩けなくなるんじゃないかという恐怖は払拭できず。

 

michibe.hatenablog.com

 

どうして傾くのか、調べたけれどわからないし。

体幹かなぁ、

体幹レーニング(もどきかも)は、ほぼ毎日やっているけど大丈夫だろうか

不安。でも頑張る。自分で決めたことだから。

だけど、、正直、楽しみだけど怖い

 

と、一人でドキドキしていたとき

ごっしーさんの記事を読みました

 

gossy54200.net

 

このブログの中でごっしー画伯(画伯の図解説明のファンです)が描かれていた図を見て

私も「ほー」と思った。

 

人は普通、自分の幸せを求める

一般的に

「出来事A」「出来事B」「出来事C」に対して「AとCはヤダ、Bがいい」と

出来事を願ったり恐れたりして、出来事を追っかける

 

あ、これは今の私。リタイヤや制限時間オーバーは嫌、絶対 時間内に完歩したい

 

そして、「幸せを求めるのをやめる」ことが幸せにつながる、と逆説的にも思えることを言っている(理解合ってます?)

「AもBもCもOK」

出来事は流れてくるものであり、それをどう判断するかは自由

と。

 

そっか、私、自分で理想のシーンを作りあげて、そうならないことを勝手に恐れていたんだ。

 

そもそも、どうして100キロ歩こうかと思ったかというと

外を歩いたり走ったりが好き、ということもあるけれど

何よりも、強くなりたい と思ったからだった。

100キロ歩くという、自分にとっては大変なことを成し遂げられたのだから、ちょっとやそっとのことではくじけないぞ、という強い心を持ちたい。

だから、やっぱり目標を達成したいのよね。

だけど、どうなんだろう

そう思って練習して本番にトライしたことだけでも、ちょっとは自分で評価してもいいのかな? 結果はどうあれ

 

「AもBもCもOK」

って考え方は、すごく気が楽になる

でも、こんな風に考えられる人は、既に強くて かつ 柔軟な心を持っているんじゃないか、とも思った。

柔軟な心ってなんだろ

今の状況を受け入れてよしとする心

他者も自分もいろいろな出来事も、許せる心

 

柔軟な考え、やわらかい心、と考えていたら

スピッツの「フェイクファー」という歌の歌詞を思い出した。

「やわらかな心を持った はじめて君と出会った」

 

いいなぁ

強い心も、やわらかな心も、とても憧れるよ

やわらかい心が、折れない強いこころをつくる元になるのかも

 

「やわらかい」をイメージしていると、だんだんと自分の気持ちが少しふわりと

やわらかく軽くなっていくような気がした(自己暗示?)

強い心は一朝一夕には作れないけれど

やわらかい心は、やわらかく考えようとすればある程度はできるんじゃないのかな

なんて思ったり。

 

「AもBもCもOK」

もし、体のコントロールがきかなくなって歩けなくなったとしても

それを受け入れて、そのときの感覚や気持ちを味わってみようか。

やわらかい気持ちで自分を許して、精いっぱいの努力を認めることで

また少し、強くやわらかい心が育っていくのかも

 

なんだかよくわからないけど、「大丈夫」という気持ちになれた気がする。

 

ごっしーさん、このタイミングでこの記事をあげてくださって

ありがとうございます (*^-^*)

 

 

 

 

 

走水 夕陽ウォーク

昨日、夫が夕陽の写真を撮りたいとうので

そんなら私も、とコンデジを持って ついていきました。

家でお昼ごはんを食べた後、電車に乗って横須賀へ

3時過ぎに浦賀駅に着き

観音崎から横須賀駅まで、東京湾を眺めながら散歩しました。

 

-----

 

観音崎燈台近くの海岸から見る海は、不思議な色をしていた

紺色とエメラルドグリーンが混ざったような色

大型船が行きかう東京湾は、水が深いんだなと思わせるような深い蒼

 

波打ち際で きゃわきゃわ遊ぶ子供たちが可愛い

今日は子供の日だね

 

姉弟かな。お姉ちゃん強そう

 

弟くんも気合を入れて。波に立ち向かう二人

 

こちらは、光る海に念を送る子供(右下)

 

楽しげな子供たちの姿に 心なごみながら歩く

 

しばらく行くと

3~4人の高校生男子が、道路際に自転車を止めて休憩している横を通った。

そのうちの一人が仲間に言った言葉が耳に飛び込んできた

「おれ、『餓死するのか』くらい腹減った」

(;^ω^)

「腹減って死にそう」とかじゃなくて「餓死する」という言葉が

切実さを物語っていて、可哀そうだけど妙にツボにはまって笑ってしまった。

子供って愉快だね

 

観音崎を過ぎて、走水海岸をテクテク

走水(はしりみず)って涼しげでカッコいい地名よね

このあたりは湧き水が豊富で、雨が降ると水が走って川のようになるから

走水というらしい(諸説あり)

 

水が走る

私は歩く

 

東京湾に浮かぶ小舟や

通り過ぎる大船を眺め

ただ歩く

 

海の向うは房総半島。千葉は近い

 

貨物船がとぉぉぉる~ ♪

ぼーっと海を見ていると

磯の岩場で、何かがちょこちょこ動いている

鳥!二羽、いや三羽いる。

頭は白っぽく、背中は黒と茶色のまだら

お腹も白い。大きさはムクドリくらいかな

嘴は長くないからチドリの仲間か?

見たことのない鳥だ

 

目に焼き付けて、家に帰ってから調べたら

キョウジョシギ」というシギでした

旅鳥だって。

京女鴫。京都の女性のような派手な外見だから、って

偏見だよね、と思いつつ

初めて見た鳥にワクワクした(*^-^*)

 

キョウジョシギ。あまりメジャーじゃない鳥だから、写真ACには載ってないと思ったらありました。

三毛猫みたい

 

鳥と別れ、またテクテク

陽が傾いてきた

風が強くなってきた

 

船がシルエットになっていく

 

走水から横須賀駅に向う国道16号線は、一部ランニングロードがあり

老若男女のランナーたちが、風に吹かれ夕日に照らされて走っていた

 

こんな道をジョギングしたら気持ちいいだろうな

 

雲も走る

 

そして日没

 

海は金色に

 

夕陽を見ていると

一日を終えた安堵と

寂しさと、心細さが同時にやってきて

複雑な気持ちになる

でも綺麗だし、こっち見てるし

無視するわけにいかないので挨拶する

ばいばい

 

カラスと一緒に帰りましょう

 

この後は、陽がとっぷりと暮れた道を横須賀駅まで歩きました。

トータルで20kmくらい

 

夜のヴェルニー公園はバラの香りがした。

 

 

 

高尾山てくてく

日にちは前後しますが、先週、高尾山に行ったときの話です。

 

翌日からのゴールデンウィークは人で溢れるだろうけど、

今日はまだ混んでいないだろうと思われる平日の金曜日、夫と二人で行ってきました。

 

-----

 

朝7時過ぎ、高尾山駅で電車を降りると、少し肌寒く感じた。

空は少しモヤっているけど青空で

駅の周りの新緑が、明るい雰囲気を放っている

 

ケーブルカーには乗らずに、登山道を歩いていると

キビタキの、どこまでも届くような 澄んださえずりが聞こえた

見上げると、朝陽が木々の若葉に濃淡をつくり

風がそれをゆらしている

キビタキの姿は見えない

 

しばらくいくと、今度はクロツグミの柔らかな声

夏鳥 来てるな

鳥影は見えないけれど、近くにいるのがわかるから

嬉しくて、足取りも軽くなる (*^-^*)

 

山頂から東京を見下ろすと

都会のビル群や、スカイツリーやらなんやらが

 

全然見えなかった (;^ω^)

黄砂だからなぁ

 

でも、反対側は

 

富士山がきれいに見えました

あの山の下を、今、走っている人たちがいるのだな(Mt.Fuji100開催中)

お天気がよくて良かった

 

山頂を越えて奥高尾を通って、城山へ

城山茶屋で休憩

 

初夏の赤い葉を見上げながら、こんにゃくの味噌田楽をいただきました

温かいこんにゃくと味噌だれが美味しくかった

 

ぼんやり座っていると

背中に感じる陽光が暖かく

ときおり吹く風が涼しくて

気持ちよくて眠くなる

 

ここまではハイキング

ここから、にわかに登山らしくなるのだった

大垂水峠を経て梅ノ木平への道は

上って降りて上って降りての繰り返し

それほどキツくはないけど、楽でもない

足元に気を付けながら歩いて

平らな道に出たので顔を上げると

 

わー、まっすぐ~

杉(ですよね)の直線が並んでいた

幹は空に向かって真っ直ぐ伸びていて、根っこはうねうねのたくた

 

これはチゴユリですかね

写真、下手ですねぇ

ひっそりと咲く花が好きです

 

チヨチヨピーと鳴くのは、センダイムシクイ

この日、双眼鏡を持っていったけど、夏鳥は一羽も見られなかった

声だけ

だけど、とても満たされた。耳福ですね (^^♪

 

下界はいろいろあるけど

好きなものがあって、ときどきその世界に触れることができれば

それでよし。それが幸せ

と思った

 

とても、落ち着いた気持ちになれた 山歩きでした

行って良かった